バストが小さい方は姿勢が原因かも?

バストアップの方法、姿勢で改善

小さな胸が気になって、隠そうと猫背になっている人もいます。
姿勢が悪くなればなるほどに余計小さなバストが目立っている可能性も
ありますので、姿勢をまずは整えましょう。

まずは、姿勢を整えて背筋を伸ばしてください。
いつもはバストを隠すために伸ばしていなかった部分ではないでしょうか。
姿勢がよくなるだけで存在感が増し、バストの大きさなどよりもとても
大事な自分らしさが出せると思います。
【実際に20枚購入した】ナイトブラのおすすめランキング!

猫背は何がいけないのか、というと大胸筋が育たなくなってしまうからです。
大胸筋は背筋を伸ばして広げることでしっかりと育っていきます。
バストを支える土台のようなものですから、育てていくことでバストが
垂れるのを防いでくれます。

また、猫背は左右が対称じゃないバストになってしまう可能性もあります。
どちらかの肩が下がっている姿勢だと、どちらかが垂れたり大きさが違うと
いうバストになってしまうのです。

姿勢が悪いというのはバストに悪影響だというのがわかったところで、
正しい姿勢とはどのようなものか見ていきましょう。

まずは、足を肩幅に開いてみてください。
続いて、背中を少し反らせるような感じで胸を開いてみましょう。
そこで力をいったん自然に抜いてみてください。

どうでしょう。下腹に適度に力が入って、姿勢が正しくなるのがわかるで
しょうか。しっかりと骨盤が地面と平行に置かれているのも自分で確認して
くださいね。

最初は結構疲れると思いますから、無理しすぎないようにしましょう。
正しい姿勢だと勘違いして、背中を反らせすぎてしまうと、腰痛を招く
可能性もあります。

背中の筋肉が緊張したままだと、腰を悪くする可能性もありますので
注意してくださいね。

前から見ても後ろから見ても、横から見てもキレイな姿勢でいられると、
バストも美しくなっていきます。

なかなか一度ついた姿勢の習慣は直すのが難しいですが、日ごろから
注意して気をつけていくことで姿勢は癖になり、改善していきます。
バストアップを頑張りながらも姿勢を正すことで、土台からしっかり
美しくよりバストアップの効果を得られるようになるといいですね。
豊胸・豊胸手術|美容整形ならアイルクリニック