ストレスとの付き合い方次第でバストアップも可能?!

ストレスがバストアップを妨げる

日常生活を普通に送っていても、誰でもストレスはあるものです。
仕事でうまくいかない、恋愛が上手にできない、などと色々とあると
思います。

ストレスを全くない生活をするというのはかなり難しいことです。
しかし、自分でストレスを最高に感じているときは本当に落ち込んで
しまうでしょうし、元気もなくしてしまいます。
それでも、またストレスをうまく発散して歩き出さなくてはなりませんよね。

バストが小さいというお悩みにも、抱えているストレスが関係あると
いうのは知っていますか?
女性が気になるバストや肌への影響はものすごく強いのです。

まずはバストの構造からご説明していきます。
バストは大胸筋と腹筋いう筋肉が土台となり支えられています。
乳腺と脂肪でできており、おおよそ9割は脂肪ですから、あれだけ
柔らかいのですね。

中には乳腺が多めの人もいますが、乳腺が大幅に大きいというわけ
ではなく、大体の割合は同じです。

この乳腺が大切です。乳腺から女性ホルモンが分泌されます。
ストレスを受けると、乳腺が女性ホルモンを分泌しなくなるために、
バストが育たないということです。

乳腺を活発にさせるということが、バストを成長させるポイントでも
あるのです。理矢理大きくさせる方法ではなく、育てるという方法ですね。

そのため、育てるにはストレスは大敵です。
よくストレスで肌荒れしてしまうということはありますね。
これも女性ホルモンがうまく分泌しなくなり、肌が荒れてしまいます。

これが同じようにバストにも起こるということなのです。
もっとバストを大きくしたいと考えているならば、できるだけストレスを
ためないようにしてください。

ストレスで肌荒れ、それが更にストレスになるというのは良くある話
ですが、この悪循環を断ち切らなくてはなりません。

自分なりのストレス解消法や、リラックスするためにお風呂にはいって
しっかりと休むなどということも大切です。
気分転換に好きなことをとことんやるというのもいいですね。